• 著者Andersen,HansChristian/著 牧野鈴子/イラスト 西本鶏介/著
  • 出版社チャイルド本社
  • ISBN9784805424803
  • 発行2003年0月

ののはくちょう : アンデルセン童話

あたたかいみなみのくににひとりのおうさまがすんでいました。おうさまには11にんのおとこのこと、エリザというおさないおんなのこがひとりいました。こどもたちはとてもしあわせにくらしていました。でも、おかあさんがなくなり、あたらしいおきさきがおかあさんになったとたん、ふこうがまちうけていました。おきさきはこころのつめたいひとでした。エリザをいなかのおひゃくしょうさんのいえにあずけると、おとこのこたちにいいました。「おおきなとりになってとんでおゆき。」かわいそうに11にんのおとこのこははくちょうにすがたをかえられ、しろのまどからとびたっていきました。

>> 続きを表示