• Author汐見夏衛
  • Publisherスターツ出版
  • ISBN9784813790150
  • Publish Date2018年1月

だから私は、明日のきみを描く

大人しくて自分を出すのが苦手な遠子。クラスで孤立しそうになったところを遙に助けてもらい、なんとか学校生活を送っている。そんな中、遙の片想いの相手・彼方を好きになってしまった。まるで太陽みたいな存在の彼方への想いは、封印しようとするほどつのっていく。しかしそれがきっかけで、遙との友情にひびが入ってしまい…。おさえきれない想いに涙があふれる。『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』の著者が贈る、繊細で色鮮やかな青春を描いた感動作!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • その白さえ嘘だとしても
  • ヒロイン育成計画 / 告白予行練習
  • しくじりから学ぶ13歳からのスマホルール
  • 小説映画ちはやふる結び
  • か「」く「」し「」ご「」と「
  • 三日間の幸福
  • 夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく
  • オルタネート
  • へたおやつ / 小麦粉を使わない白崎茶会のはじめてレシピ
  • まっぷる東京 ’20