• 著者ヤン・モーンハウプト 黒鳥英俊 赤坂桃子
  • 出版社CCCメディアハウス
  • ISBN9784484181080
  • 発行2018年9月

東西ベルリン動物園大戦争

冷戦下のベルリン、代理戦争の舞台になった2つの動物園のヘンテコな実話
パンダで軍備拡張〓 この状況ヤバい…
-------------------
西ベルリンも東ベルリンも、ある意味では町自体が二つの動物園だった。
西はベルリン動物園、窮屈な壁に閉じ込められた孤島の宝。
東はティアパルク、常に道半ばだった社会主義のユートピア。
二つの動物園は町のシンボルで、それぞれの体制を体現していた。
二人の園長はゾウや希少動物の数を競い、存在感を誇示した。
-------------------
ドイツ初の動物園である「ベルリン動物園」は第二次世界大戦でほとんどの動物を失い、壊滅的なダメージを受けた。第三帝国ナンバー2のヘルマン・ゲーリングと親しかった筋金入りのナチで、ベルリン動物園園長だったルッツ・ヘックは、ベルリン陥落寸前に自身の危険を案じて逃亡をはかり、そのまま行方不明となった。当時はまだ珍しかった女性の動物学者であり、動物園職員だったカタリーナ・ハインロートは、瀕死の夫や負傷者、そして動物を守るために園内にとどまるが、ついに園内に侵入してきた赤軍の暴行を受ける。カタリーナはそれでも瓦礫のなかから果敢に立ち上がり、戦後のベルリン動物園を立て直していく。
戦後、敗戦国であるドイツと首都ベルリンは、自由主義経済を推進する英・仏・米と社会主義国家のソ連の4カ国によって分割管理される。とりわけ西ベルリンは東ベルリンと接しながら、その他三方もソ連統治下の東ドイツに囲まれた「陸の孤島」ともいえる状況に置かれた。そんななか、東ベルリンで動物園を建設する計画が持ち上がる。広大な敷地を誇るティアパルク建設計画だ。
第二次世界大戦と冷戦を経て現在にいたるベルリンの歴史を膨大な関係者取材から「動物園」という視点で紐解いたノンフィクション。同時代の日本の動物園事情からもっとベルリンが見えてくる「動物園の歩き方」(執筆:黒鳥英俊)も収録。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 新・旧銀座八丁東と西
  • 看る力 アガワ流介護入門
  • あの映画に、この鉄道
  • 家族のためのユマニチュード / “その人らしさ”を取り戻す、優しい認知症ケア
  • すぐ死ぬんだから
  • 須賀敦子のミラノ
  • ヤバいビル / 1960ー70年代の街場の愛すべき建物たち
  • 金子兜太 私が俳句だ / のこす言葉
  • シニア鉄道旅のすすめ
  • 青春18きっぷの教科書