• Author茂木健一郎
  • Publisher講談社
  • ISBN9784065128350
  • Publish Date2018年10月

ペンチメント

ペンチメント=後悔の意。派生し、画家が書き損じた作品の上から別の作品を描くことをいう。
大学生の沙織がアルバイトを始めたいと言い出した。恋人の武(たける)はそれならばとアインシュタインにそっくりな親父が切り盛りするレストランを紹介する。店一面に書かれた不思議な絵。聞けば、むかし美大生だったアインシュタイン親父が自分で描いたものだという。アインシュタイン親父の奇妙な魅力にだんだんと引き込まれていく沙織だが――。宇宙の中で、人間は孤独なのか? という根底の問いを恋愛未満の好意の中に描き出す、表題作「ペンチメント」。
高校時代の同級生から突然届いた招待状によって、その同級生のホームパーティーに招待された二人の中年男。たどりついた大豪邸で行われるパーティーに集まる人たちは……。人生の選択と分岐、その結果としての運命。中年期の孤独と尊大さを、繊細な機微で描く「フレンチ・イグジット」
現代人の孤独を透明感溢れる世界観で描き出した、日常のすぐ横にある、ちょっと不思議な世界の物語。

>> 続きを表示