• Author川澄浩平
  • Publisher東京創元社
  • ISBN9784488025595
  • Publish Date2018年10月

探偵は教室にいない

謎と出合うたび、少年少女はすこしだけ大人になる。
日常で出合うささやかな謎を通して、少年少女が新たな扉を開く瞬間を切り取った四つの物語。
第二十八回鮎川哲也賞受賞作。
わたし、海砂真史(うみすなまふみ)には、ちょっと変わった幼馴染みがいる。小学校にはいる前から頭の回転がはやく妙に大人びていた彼は、去年中学生になってからというもの、どういう理由か学校に行っていないらしい。しかし、ある日わたしの許に届いた差出人不明のラブレターをめぐって、わたしと彼――鳥飼歩(とりかいあゆむ)は、数年ぶりに再会を果たす。北海道を舞台に、日常で出合うささやかな謎を通して、少年少女が新たな扉を開く瞬間を切り取った四つの物語。第二十八回鮎川哲也賞受賞作。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 線は、僕を描く
  • ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人
  • 株式会社タイムカプセル社 / 十年前からやってきた使者
  • 君の嘘と、やさしい死神
  • アンドロイドの恋なんて、おとぎ話みたいってあなたは笑う?
  • この冬、いなくなる君へ
  • 運転者 未来を変える過去からの使者
  • ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • 陰陽屋あやうし / よろず占い処
  • 教室が、ひとりになるまで