• Author小出美樹
  • PublisherKADOKAWA
  • ISBN9784040652306
  • Publish Date2018年10月

シスター・ヒロ子の看取りのレッスン

末期がんの母が人生最後の二週間を過ごしたのは、長崎の高台にある聖フランシスコ病院のホスピス病棟だ。悲しい別れの舞台だと思っていたホスピスで、母と私は思いがけず素晴らしい時間を過ごすことができた。特にシスター・ヒロ子の存在はとても大きい。小さな身体でスピーディーに移動し、笑顔とともに発せられる一風変わった言葉の数々に、私たちはどれほど救われたことだろう。もう母と会えなくなる寂しさや悲しみに心を奪われている私にシスターは言った。「死んでいく人は、残される人に向けてたくさんの贈り物をしているの。それに気づくことが逝く人に対してできる最大のことですよ」。シスターの言葉にハッとして顔を上げて気がついたこと。それは、母が残してくれた大きな贈り物の一つは、「シスターとの出会い」だったということを。かけがえのないシスター・ヒロ子との交流は、誰にでもできる慈愛に満ちた看取りのレッスンであり、笑いながら生きていくための優れたレッスンでもあったのだ。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 枯れるように死にたい / 「老衰死」ができないわけ
  • 我らがパラダイス
  • 介護するからだ
  • 世界の最新医学が証明した長生きする食事
  • 大切な人に最期にしてあげられること / 告知と心のケアから治療・お金のことまで
  • 右手にミミズク
  • すぐ死ぬんだから
  • 蜜蜂と遠雷
  • あこがれ
  • ありがとう。ママはもう大丈夫だよ / 泣いて、泣いて、笑って笑った873日