• Author七尾和晃
  • Publisher東洋経済新報社
  • ISBN9784492062104
  • Publish Date2019年1月

天皇を救った男 笠井重治

戦後史が動くとき、必ずこの男がいた。
日米開戦回避工作、天皇の戦犯訴追回避、ニクソン電撃訪中
歴史的事件の背後で、「密使」を務めた謎の人物の正体とは?
波乱の生涯を描く初の本格評伝。
<本文より>
占領軍司令部でマッカーサーに間近で仕えたフェラーズは日本通として知られた将校だった。笠井は、フェラーズの奮闘を間近で見ていただけではなかった。フェラーズがマッカーサーに提出し、天皇制護持を進言した建白書の作成そのものに、笠井は深く関わり、フェラーズの活動を裏で支えていたのである。しかし、笠井が生前、それを声高に主張することはなかった。(本文より)
<主な登場人物>
昭和天皇、近衛文麿、ダグラス・マッカーサー、チャールズ・ウィロビー、ジョセフ・グルー、マンスフィールド、岸信介、佐藤栄作、周恩来、汪兆銘 etc.

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 南インド キッチンの旅
  • たった ひとつの ドングリが
  • 死を生きた人びと / 訪問診療医と355人の患者
  • ぼくはてんさいかのう
  • ボクたちの駄!菓子
  • 有元葉子の365日の献立材料別おかず事典 / 1627レシピ・カロリー・塩分表示つき
  • おたからサザエさん 3
  • 海を撃つ / 福島・広島・ベラルーシにて
  • ママは身長100cm
  • スイミー / ちいさなかしこいさかなのはなし