• Author浅倉秋成
  • PublisherKADOKAWA
  • ISBN9784041077665
  • Publish Date2019年3月

教室が、ひとりになるまで

“最高”のクラスで起きた“最悪”の事件
彼らは何故、『自殺』をしたのか――新世代・青春本格ミステリ!
私立北楓高校で起きた生徒の連続自殺。ひとりは学校のトイレで首を吊り、ふたりは校舎から飛び降りた。
「私は教室で大きな声を出しすぎました。調律される必要があります」という、同じ文言の遺書を認めて。
垣内友弘にとって三人の死は疑いようもなく自殺――のはずだった。白瀬美月の言葉を聞くまでは。
「三人とも自殺なんかじゃない。みんなあいつに殺されたの」
最高のクラスで、何故『自殺』は起きたのか。『犯人』の目的は何なのか。
証明不可能な罪。裁くチャンスは、一度きり。
最も孤独な謎解きの幕がひらく。伏線の狙撃手が贈る、慟哭の本格青春ミステリ!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 線は、僕を描く
  • ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人
  • 世界から守ってくれる世界
  • 意味がわかると鳥肌が立つ話
  • Novel東京喰種 空白
  • Novel東京喰種 昔日
  • この気持ちもいつか忘れる
  • レイワ怪談 新月の章
  • 恐怖からのドンデン話
  • ぼくらの秘密結社