• Author小林まさる
  • Publisher東洋経済新報社
  • ISBN9784492046517
  • Publish Date2019年7月

人生は、棚からぼたもち! / 86歳・料理研究家の老後を楽しく味わう30のコツ

「60歳からは、やったもん勝ち!
好きなことをやらなかったら、100年生きたって意味がない!」
「あさイチ」などでおなじみのシニアの星、86歳現役料理研究家の痛快人生レシピ。
俺のモットーはよく食べ、楽しく飲んで、大きな声で笑うこと。
そして、好きなことを我慢せずにやること。
定年までの俺の人生は順風満帆とはいえなかった。
樺太で生まれ、子どものころは戦争で生死をさまよい、北海道で炭鉱に就職。
結婚したけど離婚、シングルファーザーになって男手一つで子どもを育てた。
うまくいかないことだらけでやけくそになったこともある。
大酒がたたり、大病も患った。
だけど70歳のとき、くすぶっていた俺の人生が一変した。
それは、人助けのつもりで発した「俺が手伝おうか?」の一言がきっかけだった。
そこから、ワクワク、ドキドキの毎日がぼたもちのように転がってきたんだ。
それからは「人生、いまがいちばん楽しい」と思うようになった。
年だからできない、やらないは、年寄りの大病だ。
そんな考えは早く捨てたほうがいい。
年だからやる! 先がないんだから!
【この本の特徴】
・家族、お金、健康、生活習慣、恋愛など、老後を豊かに過ごす30のコツを痛快なエッセイとともに紹介
・60歳から無理なくライフシフトするためのヒント、定年後を笑顔満開で過ごすヒントが満載!
・定年後から人生が花開いた著者ならではの、納得感ある言葉の数々がしみる
・老後の居場所がないと感じている人、定年した夫を持つ女性にも最適
・冷蔵庫のありものでつくれるカンタン絶品料理も紹介!
・前半は笑って泣ける物語、後半は生きるのヒントが満載の2部構成
 第1部:ただのラッキーなおじいちゃんじゃない!? 60歳まで波瀾万丈な「まさるの人生劇場」
 第2部:どうしたら「棚ぼた」人生が得られるか? まさる流「老後を楽しく味わう30のコツ」
☆まさる語録全開!☆(本文見出しより)
死ぬことを覚悟したら、もう何も怖くない
「涙こぼしても、酒こぼすな」
年寄りの大病
いまの若いモンは、すごい!
ボケたんじゃない、耳が聞こえないんだ
面白ければ、それでいい
年寄りは先がない! とりあえず進め
冷蔵庫をのぞけば、頭の体操になる
食いぶちは、自分で払う
ほか
☆お役立ちコラム☆
おいしいコーヒーの淹れ方/カレーを数倍おいしくする方法/まさるの超シンプル料理教室 ほか
【講演会でも大人気!共感の声、続出!】
「生きる活力をもらいました!」
「うちの夫に読ませたい」
「どうしたらそんなにお嫁さんとうまくやっていけるんですか?」
「かわいいおじいちゃんは、貴重」
「こんなお義父さんだったら嫁ぎたい!」

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 紅匂ふ 1
  • アフリカ人類の未来を握る大陸
  • 神々は繋がれてはいない
  • 紅匂ふ 2
  • 紅匂ふ 3
  • 紅匂ふ 4
  • 夜廻り猫 1 / 今宵もどこかで涙の匂い
  • やかんがわらったぼくがわらった
  • 絵で読む広島の原爆
  • 海を撃つ / 福島・広島・ベラルーシにて