• Author小野寺史宜
  • Publisher講談社
  • ISBN9784065172476
  • Publish Date2019年9月

その愛の程度

結婚して、離婚して、新しい人に恋をして、
それでも「家族」は続いていく。
2019年本屋大賞2位『ひと』で話題の俊英がおくる、新しい家族の物語。
川遊びの最中、小学生の娘・菜月が友人の娘と溺れるのを見て、とっさに助けに飛び込んだ守彦。
必死の想いで引きあげた腕の中には、菜月ではなく友人の娘がいた。
「お父さんは菜月をたすけてくれなかったもん」
その言葉を最後に、口をきいてくれなくなった血の繋がらない娘。七歳年上の妻ともすれ違いはじめ―――。
困り果て、とりあえずの間と家を出る守彦だが、会社の後輩や、川遊びに来ていたシングルマザーとの何気ない会話の中で、娘と妻への本当の気持ちに気づかされていく。
いつもあと一歩が踏み出せない、不器用な守彦の出す答えが心にしみる、新しい家族の物語。

>> 続きを表示