• 著者村上春樹
  • 出版社文藝春秋
  • ISBN9784163911939
  • 発行2020年4月

猫を棄てる / 父親について語るとき

時が忘れさせるものがあり、そして時が呼び起こすものがある





ある夏の日、僕は父親と一緒に猫を海岸に棄てに行った。歴史は過去のものではない。このことはいつか書かなくてはと、長いあいだ思っていた―――村上文学のあるルーツ

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 脳の健康 / 頭によいこと、わるいこと
  • 風味絶佳
  • 赤めだか
  • ツバキ文具店
  • 秋萩の散る
  • 勝手にふるえてろ
  • でもいいの
  • アッシュベイビー
  • 恋歌
  • 何者