• 著者餅井アンナ
  • 出版社タバブックス
  • ISBN9784907053437
  • 発行2020年10月

へんしん不要

心も体も防御力低め、四季折々の不調にやられ、挨拶代わりに「元気?」と聞かれるとちょっと困ってしまう。落ち込みがちな日々をつづり、宛先のない手紙を書き続けた二年間。書くことで見つけた、あたらしい景色と生きる自信。
「またいつか、お手紙出します。ままならないことばかりの日々はこれからも続くでしょうが、それまでどうぞご自愛ください。元気でいてもいなくても、なるべく気を楽にして、伸びやかに暮らしてください。へんしんは、不要です」

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった
  • 負けるが花
  • ツインソウル 完全版 / 死にゆく私が体験した奇跡
  • 生と死をつなぐケア / 宅老所よりあいの仕事
  • ママ、いのちをありがとう。 / 心温まる奇跡の物語25
  • 魂の教科書 / 自分に目覚めてラクに生きたいあなたへ
  • おなかの中からママとパパを見ていたよ / 心がホッとする胎内記憶の奇跡
  • 看取るあなたへ / 終末期医療の最前線で見えたこと
  • N:ナラティヴとケア 第8号
  • へろへろ / 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々