• Author嶋津義忠
  • PublisherPHP研究所
  • ISBN9784569901329
  • Publish Date2021年6月

北条義時 / 「武士の世」を創った男

2022年、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の主人公は、北条義時!
伊豆の田舎侍は、いかにして鎌倉幕府の重臣13人の頂点を極めたのか?
「武士による天下の政」を夢見た男は、鎌倉幕府の独裁者なのか?
それとも、初の武家政権を創った立役者なのか?
石橋山の戦いで兄、宗時を亡くした義時は、姉、政子の夫であり、主君でもある源頼朝に付き従い、平家打倒、武家政権の樹立へと邁進していた。
頼朝が征夷大将軍に任命され、いよいよ鎌倉が政治の中心となった矢先、主君、頼朝が不慮の事故で急逝。二代将軍、頼家、三代将軍、実朝も悲劇的な最期を遂げ、図らずも鎌倉幕府を背負わなければいけなくなった義時に、後鳥羽上皇より追討の院宣が発せられ……。
伊豆の田舎武士が、頼朝に従い、鎌倉幕府の重臣を経て、ついには後鳥羽上皇から追討令を出される権力者となるまでの成長と葛藤を描く。
義時は武士の世に何を夢見たのか?
文庫書き下ろし。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • そう書いてあった
  • これから先のこと
  • 僕は、涙の出ない目で泣いた。 : 視力障害の天才ヴァイオリニストがつかんだ人生の光
  • ギフト
  • 菊亭八百善の人びと 下
  • 菊亭八百善の人びと 上
  • 龍のすむ家
  • トリニティ
  • 戦いやまず日は西に
  • 今日の空の色