• Author相澤理
  • Publisher笠間書院
  • ISBN9784305709660
  • Publish Date2022年8月

悩んだら、先人に聞け! / センター倫理で日本の思考の型を学ぶ

「安らぎ」「偽善」「あの世」「自然」「心」「武士道」……現代人の悩みや疑問を解決する糸口は、聖徳太子や福沢諭吉などの先人たちが用意していた!
私のしていることは正しいのだろうか? 幸せはいつまで続くのだろうか? 死んだらどうなるのだろうか? そうした悩みや疑問に対して、先人の言葉はよき道しるべとなります。本書は、ベストセラー『東大のディープな日本史』の著者が、聖徳太子、親鸞、本居宣長、福沢諭吉など先人の言葉を、センター試験(現・大学入学共通テスト)の「倫理」の問題を題材に“深く”解説。問題解決の答えやヒントとともに、私たちの心の奥底にある「日本の思考の型」を紐解きます。
センター試験の倫理の問題は、先人の言葉に触れるうえでまたとない教材です。「善行とは何か」「自然とどのように関わるべきか」など、ひとつのテーマで古代以来の思想と思想家について問う構成になっています。問題を一問一問たどっていくことで、私たちの悩みや疑問に対する解決の糸口が得られるとともに、この国の倫理思想を体系的に理解することができます。中高大学生にもビジネスパーソンにも「2度読み」をお薦めします。
第1章 「安らぎ」はどうしたら手に入れられますか?
第2章 私のしていることは「偽善」ではありませんか?
第3章 死んだら「あの世」で天国に行けますか?
第4章 どうしたら「自然」と共生できますか?
第5章 「心」はどこにありますか?
第6章 私には「武士道」の精神が宿っていますか?
特別付録1 日本の思考を理解するための仏教・儒教
特別付録 2 日本の思考を知るための重要人物24人
おわりに

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • ヤマザキマリのリスボン日記 / テルマエは一日にして成らず
  • 60歳からは「小さくする」暮らし / 生き方がラクになる
  • 国境のない生き方 / 私をつくった本と旅
  • 昆虫の惑星
  • 百物語
  • たちどまって考える
  • 東のエデン
  • いつか死ぬ、それまで生きる わたしのお経 / エッセイ+お経+現代語訳+著者朗読のCD付
  • 分水嶺ドキュメントコロナ対策専門家会議
  • 死を想う 新版 / われらも終には仏なり