• Author奥野健男
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784101356020
  • Publish Date2000年11月

三島由紀夫伝説

敗戦によって「世界の終末」を見てしまった男。同世代の誰彼と並走しているかに見えて、実はトラックを一周速くまわっていた天才。戦後社会への、いやしがたい敵意と、ぬきんでた悪意の「象徴」でありつづけた唯一の作家-。「文学の兄」と敬愛した三島由紀夫の、あまりに衝撃的な自裁。その日から二十余年の歳月をかけ「伝説」にまで醇化させた,ある「狂おしくも詩的な魂」の全貌。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 3分間コーチ / ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術
  • 「しきり」の文化論
  • 小林が可愛すぎてツライっ!! 3
  • 地獄の思想
  • 不機嫌な長男・長女無責任な末っ子たち / 「きょうだい型」性格分析&コミュニケーション