• Author暮しの手帖社

暮しの手帖 4世紀91号

内容紹介

◎冬の特大号 特別企画 渡辺麻紀「こんなフレンチ知っていますか?」

◎特集 堤 人美「まとめて蒸して、どう食べる? いろんな蒸し鶏」 脇 雅世「リゾットの新提案」 ウー・ウェン「野菜を丸ごと使いきりたい」 「松岡享子さんと雪のブローチ」 「奥村晃作さんの ただごと歌」 編み物企画「ふたりの手袋」 「家族ってなんだ 家庭教育支援法案から考える」

◎連載 ホルトハウス房子「もの選びのまなざし」土井善晴 汁飯香のある暮らし「味つけとは?」 岡本 仁「今日の買い物/名古屋へ」 佐藤雅彦「考えの整とん/無頓着でいられるということ」 高山なおみ「気ぬけごはん」 伊藤 守「ごきげんでいたいから/そこからならいつでもまた」 細谷亮太「いつもいいことさがし/一年を和風月名で」 原 由美子「服と装/赤を着る」 荻上チキ・ヨシタケシンスケ「みらいめがね/健康ゲームに目覚める」 武田砂鉄「今日拾った言葉たち」 芝山幹郎「シネマ・シバヤマ/『猫が教えてくれたこと』 安心した猫と控え目な温情」 澤田康彦「薔薇色の雲 亜麻色の髪/川のある土地へ」 「あの時のわたし/神沢利子(後編)/たんぽぽさん」 「健康交差点/その咳や熱、肺炎かもしれません」 「買物案内/かゆいところに手が届く 健康関連グッズ」 「試作室から/本日の先生:脇 雅世さん」 「暮らしのヒント集」「エプロンメモ」「わたしの家」「ワンピースのおんな」「ひきだし」「わたしの仕事」「すてきなあなたに」「本屋さんに出かけて」ほか 随筆:阿川佐和子、益田ミリ、荒俣 宏、林 良博、村上祐資、横尾忠則

>> 続きを表示