• 著者田中優子
  • 出版社筑摩書房
  • ISBN9784480425898
  • 発行2009年4月

春画のからくり

春画では、女性の裸体だけが描かれることはなく、男女の絡みが描かれる。男性のための女性ヌードではなく、男女が共にそそられ、時に笑いながら楽しむものだったと考えられる。また、性交場面を際立たせるために、顔と性器以外は、衣装で隠された。「隠す・見せる」「覗き」等の視点から、江戸のエロティシズムの仕掛けが明らかになる。図版豊富。

>> 続きを表示
    •  
    • この本が読めるところ
    • 借りた人・借りている人