• Author吉田修一
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784163914879
  • Publish Date2022年1月

ミス・サンシャイン

僕が恋したのは、美しい80代の女性でした…。大学院生の岡田一心は、伝説の映画女優「和楽京子」こと、鈴さんの家に通って、荷物整理のアルバイトをするようになった。鈴さんは一心と同じ長崎出身で、かつてはハリウッドでも活躍していた銀幕のスターだった。せつない恋に溺れていた一心は、いまは静かに暮らしている鈴さんとの交流によって、大切なものに触れる。まったく新しい優しさの物語。
吉永小百合、推薦。
「彼女は亡くなり、私は生きた」
鈴さんの哀しみが深く伝わって来ました。
作家の故郷への思いを
私は今、しっかりと受け止めたいです。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 夏物語
  • 夜に星を放つ
  • がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方
  • 定年オヤジ改造計画
  • 捨てる女
  • 和樂 2020年 08月号
  • 闇に香る嘘
  • ベルリンは晴れているか
  • タオのひけつ / 無為自然の心と身体が人生をひらく
  • 漢方小説