• Author森見登美彦
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784101290515
  • Publish Date2006年6月

太陽の塔

私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった!クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走する。失恋を経験したすべての男たちとこれから失恋する予定の人に捧ぐ、日本ファンタジーノベル大賞受賞作。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 先送りせずにすぐやる人に変わる方法
  • 京都電車で行く桜散策 / Visiting best cherry blossom spots in the old capi
  • 「めんどくさい」がなくなる本 / 読んだらスッとラクになる
  • 作家の酒
  • エルマーとりゅう 新版
  • 土の中の子供
  • 真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥
  • 真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者
  • 大阪ラビリンス
  • 武器としての笑い

Presented by