• Author桜庭一樹/著
  • Publisher富士見書房
  • ISBN9784829162880
  • Publish Date2005年0月

Gosick 4 (ゴシック・愚者を代弁せよ)

夏の息吹が満ち始める山間の学園の奥の奥。高い塔の上も、濃い緑に覆われていた。さらに、その一角には、極彩色の宝石のような、甘いお菓子が絨毯のように敷き詰められ-中心に黄金色の姫・ヴィクトリカは静かに座っていた。時が刻む歯車の音に、静かに耳を傾けながら。甘いお菓子を頬張りながら、残酷なる人の歴史を-混沌を彼女の"知恵の泉"が弄ぶ。それが、彼女に課せられた命だった…。聖マルグリット学園に存在するもうひとつの塔-時計塔で起きた密室殺人。それを追う久城一弥とヴィクトリカ。それは、かつてソヴュールに君臨した謎の錬金術師・リヴァイアサンと関係しているらしいのだが!?アブリルと久城、そしてヴィクトリカ。それぞれの想いが交錯し、徐々に学園に隠された謎が明らかになる…。歴史の裏に受け継がれる血塗られた運命とは?ゴシック・ミステリー第四弾。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • Gosick 5 (ゴシック・ベルゼブブの頭蓋)
  • ストロベリーナイト
  • Gosick 3 (ゴシック・青い薔薇の下で)
  • セラピスト / Silence in Psychotherapy
  • 入社1年目の教科書
  • Gosick
  • 年収1億円になる人の習慣
  • メモで未来を変える技術 / たった100円で潜在意識の扉を開く
  • 脳科学捜査官真田夏希 イノセント・ブルー
  • 臨床真理