• Author小松左京
  • Publisher小学館
  • ISBN9784094080667
  • Publish Date2006年1月

日本沈没 下

とにかくその日が来る前に。政府は日本人全員を海外へ移住させるべく、極秘裏に世界各国との交渉に入った。田所博士は週刊誌で「日本列島は沈没する」と発言して、物議をかもしていた。小野寺は極秘プロジェクトからはずれて、恋人・玲子とともにスイスに旅立とうとするが、運悪く玲子は、ついに始まった富士山の大噴火に巻き込まれ行方不明となってしまう。そして、日本沈没のその日は予想外に早くやってきた。死にゆく竜のように日本列島は最後の叫びをあげていた。日本人は最悪の危機の中で、生き残ることができるのか。未来をも予見していた問題作。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 朝が来る
  • 「ユマニチュード」という革命 / なぜ、このケアで認知症高齢者と心が通うのか
  • 君が夏を走らせる
  • AX アックス
  • 日本沈没 上
  • 紺碧海岸
  • 微熱少年
  • MAZE 新装版
  • 日本沈没 上
  • 食堂かたつむり