• Author宮城谷昌光
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784165071006
  • Publish Date1998年7月

太公望 下

望の機略により、周は召とむすび叛意をととのえた。商王紂を討つ-、宿望の日である。決戦の朝、無辺の牧野はすがすがしく晴れていた。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • フォトコンライフ no.68 / フォトコンテスト専門マガジン
  • 太公望 上
  • 太公望 中