• Author中村計
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784101332413
  • Publish Date2010年8月

甲子園が割れた日 / 松井秀喜5連続敬遠の真実

「甲子園なんてこなければよかった」-。球史に刻まれた一戦、1992年夏、星稜vs明徳義塾。松井との勝負を避けた明徳は非難を受け、試合をきっかけに両校ナインには大きな葛藤が生まれた。あれから15年、自らの人生を歩みだした監督・元球児たちが語る、封印された記憶。高校野球の聖地で、彼らは何を思い、何が行われたのか。球児たちの軌跡を丹念に追ったノンフィクション。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • てれびくん ギンピカシール絵本 動物戦隊 ジュウオウジャー 2
  • 1リットルの涙 / 難病と闘い続ける少女亜也の日記
  • キミキス 1 / スウィートリップス
  • あしたのジョー 1
  • 少年ハヤト / 未だ大志を抱かず
  • 阪急電車
  • 西郷隆盛に学ぶ
  • ナイン
  • 甲子園への遺言 / 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯
  • 不祥事 新装版