• Author岡檀
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062179973
  • Publish Date2013年7月

生き心地の良い町 / この自殺率の低さには理由がある

【推薦の言葉】
 「探検記」の傑作。誰も知らない(住んでいる人たちも自覚していない)謎の「パラダイス」が存在したという展開は、ソマリランド級のインパクト。日本のあらゆる社会問題解決の鍵は本書にある! と遠吠えしたくなった。
 ―― 高野秀行、ノンフィクション作家、「謎の独立国家 ソマリランド」著者
徳島県南部の太平洋沿いにある小さな町、海部町(かいふちょう)(現海陽町)。
このありふれた田舎町が、全国でも極めて自殺率の低い「自殺“最”希少地域」であるとは、一見しただけではわかりようがない。この町の一体なにが、これほどまでに自殺の発生を抑えているというのだろう。
コミュニティと住民気質に鍵があると直感した著者は、四年間にわたる現地調査とデータ解析、精神医学から「日本むかしばなし」まで多様な領域を駆使しつつ、その謎解きに果敢に取り組む。
ゆるやかにつながる、「病」は市に出せ、“幸せ”でなくてもいい、損得勘定を馬鹿にしない、「野暮ラベル」の活用など、生きづらさを取り除いて共存しようとした先人たちの、時代を超えて守り伝えられてきた人生観と処世術が、次々とあぶり出されていく。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 本を読むときに何が起きているのか / ことばとビジュアルの間、目と頭の間
  • 生きる悪知恵 / 正しくないけど役に立つ60のヒント
  • 弱いロボット
  • 介護するからだ
  • 誤作動する脳
  • 苦しい時は電話して
  • バタをひとさじ、玉子を3コ
  • 貧困と地域
  • 素敵なダイナマイトスキャンダル
  • 困ってるひと