• Author宮木あや子
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784101285719
  • Publish Date2009年9月

花宵道中

どんな男に抱かれても、心が疼いたことはない。誰かに惚れる弱さなど、とっくに捨てた筈だった。あの日、あんたに逢うまでは-初めて愛した男の前で客に抱かれる朝霧、思い人を胸に初見世の夜を過ごす茜、弟へ禁忌の恋心を秘める霧里、美貌を持てあまし姉女郎に欲情する緑…儚く残酷な宿命の中で、自分の道に花咲かせ散っていった遊女たち。江戸末期の新吉原を舞台に綴られる、官能純愛絵巻。R‐18文学賞受賞作。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 溢れる春
  • だから荒野
  • 龍は眠る 改版
  • 地下街の雨
  • 左手に告げるなかれ
  • コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状
  • 好きだけど嫌い
  • 未練
  • 魔笛
  • 恐怖箱呪毒