• 著者吉村昭
  • 出版社文藝春秋
  • ISBN9784167169404
  • 発行2004年3月

三陸海岸大津波

明治29年、昭和8年、そして昭和35年。青森・岩手・宮城の三県にわたる三陸沿岸は三たび大津波に襲われ、人々に悲劇をもたらした。大津波はどのようにやってきたか、生死を分けたのは何だったのか-前兆、被害、救援の様子を体験者の貴重な証言をもとに再現した震撼の書。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 志賀直哉下
  • 志賀直哉上
  • 小説伊勢物語 業平
  • 或るエジプト十字架の謎
  • 熱源
  • 影ぞ恋しき 下
  • 北海道に暮らす / 道東編
  • 倚りかからず
  • 愛するよりも愛されたい
  • 影ぞ恋しき 上