• 著者浅田次郎
  • 出版社講談社
  • ISBN9784062748933
  • 発行2004年10月

蒼穹の昴 3

落日の清国分割を狙う列強諸外国に、勇将・李鴻章が知略をもって立ち向かう。だが、かつて栄華を誇った王朝の崩壊は誰の目にも明らかだった。権力闘争の渦巻く王宮で恐るべき暗殺計画が実行に移され、西太后の側近となった春児と、革命派の俊英・文秀は、互いの立場を違えたまま時代の激流に飲み込まれる。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • たんぽぽ団地
  • クドリャフカの順番
  • 空白を満たしなさい 下
  • 落ちこぼれ / 茨木のり子詩集
  • 空白を満たしなさい 上
  • 象と耳鳴り / 本格推理コレクション
  • 日曜日の夕刊
  • 顔
  • 落花流水
  • 仮面同窓会