• Author浅田次郎
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062748926
  • Publish Date2004年10月

蒼穹の昴 2

官吏となり政治の中枢へと進んだ文秀。一方の春児は、宦官として後宮へ仕官する機会を待ちながら、鍛錬の日々を過ごしていた。この時、大清国に君臨していた西太后は、観劇と飽食とに明けくれながらも、人知れず国の行く末を憂えていた。権力を巡る人々の思いは、やがて紫禁城内に守旧派と改革派の対立を呼ぶ。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 日曜日の夕刊
  • 象と耳鳴り / 本格推理コレクション
  • 顔
  • 落花流水
  • 仮面同窓会
  • 蒼穹の昴 4
  • 蒼穹の昴 3
  • 蒼穹の昴 1
  • 睡蓮の長いまどろみ 下
  • 睡蓮の長いまどろみ 上