• Author辻村深月
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062183659
  • Publish Date2013年6月

島はぼくらと

母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里。美人で気が強く、どこか醒めた網元の一人娘、衣花。父のロハスに巻き込まれ、東京から連れてこられた源樹。熱心な演劇部員なのに、思うように練習に出られない新。四人はフェリーで本土の高校に通う。「幻の脚本」の謎、未婚の母の涙、Iターン青年の後悔、島を背負う大人たちの覚悟、そして、自らの淡い恋心。故郷で知った大切なこと、すべてが詰まった書き下ろし長編。
直木賞受賞、第一作
待望の書き下ろし長編
母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里。
美人で気が強く、どこか醒めた網元の一人娘、衣花。
父のロハスに巻き込まれ、東京から連れてこられた源樹。
熱心な演劇部員なのに、思うように練習に出られない新。
島に高校がないため、4人はフェリーで本土に通う。
「幻の脚本」の謎、未婚の母の涙、Iターン青年の後悔、
島を背負う大人たちの覚悟、そして、自らの淡い恋心。
故郷を巣立つ前に知った大切なこと――すべてが詰まった傑作書き下ろし長編。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • とんび
  • トヨタの片づけ
  • ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。
  • 大きな音が聞こえるか
  • ランチブッフェ
  • 檸檬のころ
  • Separation
  • 号泣する準備はできていた
  • アジアンタムブルー
  • エバーグリーン

Presented by