• 著者百田尚樹
  • 出版社講談社
  • ISBN9784062778299
  • 発行2014年7月

海賊とよばれた男 上

すべてのビジネスマンに捧ぐ。
本屋大賞の話題作、早くも文庫化!
ページをめくるごとに、溢れる涙。これはただの経済歴史小説ではない。
一九四五年八月十五日、敗戦で全てを失った日本で一人の男が立ち上がる。男の名は国岡鐡造。出勤簿もなく、定年もない、異端の石油会社「国岡商店」の店主だ。一代かけて築き上げた会社資産の殆どを失い、借金を負いつつも、店員の一人も馘首せず、再起を図る。石油を武器に世界との新たな戦いが始まる。
石油は庶民の暮らしに明かりを灯し、国すらも動かす。
「第二の敗戦」を目前に、日本人の強さと誇りを示した男。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 世界一やさしい右脳型問題解決の授業
  • お好みの本、入荷しました / 桜庭一樹読書日記
  • 後妻業
  • 自分のアタマで考えよう / 知識にだまされない思考の技術
  • おいでよ森へ / 空と水と大地をめぐる命の話
  • 百貨の魔法
  • 向田邦子の本棚
  • グアテマラの弟
  • おもかげ橋
  • 津軽双花