• 出版社小学館
  • ISBN9784096772126
  • 発行2009年11月

永遠の詩 02

弱ったこころを勇気づけ、希望に導いてくれた詩人、茨木のり子。そこにはいつも生きるための言葉があった。亡き夫への想い溢れる最後の詩集『歳月』も収録。詩人・高橋順子による鑑賞解説付き。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 名著の話 僕とカフカのひきこもり
  • 陰陽師 12
  • ぼくはお金を使わずに生きることにした
  • 陰陽師 9
  • ザ・ゴール / 企業の究極の目的とは何か
  • 伝える力 / 「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える!
  • あなたは、なぜ、つながれないのか / ラポールと身体知
  • コトバのチカラ
  • 読書する人だけがたどり着ける場所
  • 鴻上尚史のほがらか人生相談 / 息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋