• Author村上春樹
  • Publisher講談社
  • ISBN9784061853829
  • Publish Date1993年4月

遠い太鼓

ある朝目が覚めて、ふと耳を澄ませると、何処か遠くから太鼓の音が聞こえてきたのだ。ずっと遠くの場所から、ずっと遠くの時間から、その太鼓の音は響いてきた。-その音にさそわれて僕はギリシャ・イタリアへ長い旅に出る。1986年秋から1989年秋まで3年間をつづる新しいかたちの旅行記。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 誠実な詐欺師
  • 大阪地名の由来を歩く
  • 本当の戦争の話をしよう
  • 夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです / 村上春樹インタビュー集1997ー2011
  • 僕は人生についてこんなふうに考えている
  • 隣接界
  • 過剰な人
  • ブラインドサイト 下
  • 散歩のとき何か食べたくなって 改版
  • ブラインドサイト 上