• Author中野信子 本郷和人
  • Publisher宝島社
  • ISBN9784800278173
  • Publish Date2018年4月

戦国武将の精神分析

歴史学ち脳科学のトップランナー2名による「新しい戦国論」が誕生!
徳川家康、織田信長、武田信玄……戦国史に名を残す名将たちの資料に残された言動をもとに、脳科学の観点から名武将の心の闇と真意解剖します。
「現代日本人の規範として生き続けている家康のペルソナ」
「妻への異常な執着を見せた細川忠興とガラシャが抱えたファザーコンプレックス」
「中世の絶対的な『父権』に抗って父親を惨殺した齋藤義龍のゆがんだ愛着スタイル」
「名君・武田信玄の言動に疑われるサイコパスの可能性」
「サイコパス信長とソシオパス松永久秀を分かつ『美』の概念」
ほか、伊達正宗や石田三成など、総勢15名を「家族殺し」「異常性愛」「サイコパス」などの観点から分析し、武将たちの意外な実像を次々と明らかにします。
また、「毒親」「日米同盟」「2ちゃんねる」「忖度」など、現代の社会記号を通して考察することで、今の世の中を考えるヒントにもなる内容です。
単なる暗記科目ではない「歴史」が、存分に愉しめる内容になっています。

>> 続きを表示