• Author市来広一郎
  • Publisher東洋経済新報社
  • ISBN9784492503010
  • Publish Date2018年6月

熱海の奇跡 / いかにして活気を取り戻したのか

大前研一氏、木下斉氏推薦!
「衰退した観光地」の代名詞となっていた熱海はなぜ再生できたのか
Uターンしゼロから街の再生に取り組んだ著者を通して見えてくる、人口減少時代の魅力ある地域づくりのあり方。
◆推薦の言葉
大前研一
「単年度予算で動く行政を民間が補完して町の魅力作りを長期的に推進する格好のモデル。著者が代表を務め、熱海を活性化しているNPO法人atamistaの実績から多くのヒントが得られる」
木下 斉
「この本は地元に戻り、仲間と小さな事業を立ち上げ、成長させることが、まちの再生に繋がることを教えてくれる。読み終えたら、多くの人が挑戦したくてウズウズするだろう刺激に満ちた一冊だ」
◆著者の言葉
この本では、熱海で私たちが培った経験を、可能な限りお話ししました。
ビジネスの手法でまちづくりをすることは、熱海だけに使えるやり方というのではなく、日本全国どこの地域でも使えると思うのです。
なぜなら、かつての熱海の衰退は、日本全国の地方の衰退と同じ構造で起こったからです。(プロローグより)
                                                 

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 人生と仕事を変えた57の言葉 / 「プロフェッショナル仕事の流儀」決定版
  • 社会的処方 / 孤立という病を地域のつながりで治す方法
  • ゆっくり、いそげ / カフェからはじめる人を手段化しない経済
  • ホホホ座の反省文
  • マルシェのつくり方、使い方 / 運営者・出店者のための教科書
  • ダンジョン飯 1
  • 僕は、だれの真似もしない
  • 宇宙兄弟「完璧なリーダー」は、もういらない。
  • 月3万円ビジネス100の実例 / ワイワイガヤガヤ愉しみながら仕事を創る
  • 「小商い」で自由にくらす / 房総いすみのDIYな働き方