• Author奥野克巳
  • Publisher亜紀書房
  • ISBN9784750515328
  • Publish Date2018年6月

ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと

ボルネオ島の狩猟採集民「プナン」とのフィールドワークから見えてきたこと。豊かさ、自由、幸せとは何かを根っこから問い直す、刺激に満ちた人類学エッセイ!
「奥野さんは長期間、継続的にプナン人と交流してきた。そこで知り得たプナン人の人生哲学や世界観は奥野さんに多くの刺激と気づきをもたらした。この書を読み、生産、消費、効率至上主義の世界で疲弊した私は驚嘆し、覚醒し、生きることを根本から考えなおす契機を貰った。」
――関野吉晴氏(グレートジャーニー)

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 禅とマネー
  • 地域人 第40号 / 地域創生のための、充実の総合情報を毎月お届けします
  • 樹木希林120の遺言 / 死ぬときぐらい好きにさせてよ
  • Graphic Recorder / 議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書
  • 人生を変えるメンターと出会う法 / 自分の磨き方、高め方
  • 人口減少社会の未来学
  • 20歳の自分に受けさせたい文章講義
  • ダイアローグ / 対立から共生へ、議論から対話へ
  • 幸せになる勇気 / 自己啓発の源流「アドラー」の教え2
  • ルポ企業墓 / 高度経済成長の「戦死者」たち