• Author川上和人
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784101215112
  • Publish Date2018年7月

鳥類学者無謀にも恐竜を語る

鳥類学者はおおいに恐竜を語っていいのだ。ティラノサウルス、アパトサウルス、地上に君臨した恐竜の子孫こそ鳥なのだから。ということで、本邦が誇る現生鳥類研究者の化石時代への大航海が始まる。どんな色でどのように鳴いたのか。樹上に巣を作るものはいたのか。鳥類の進化を辿り、恐竜の生態を復元する、野心的試み。抱腹絶倒しつつ知的興奮を存分に味わえる、とびきりの科学エッセイ。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 蒼穹の昴 2
  • 蒼穹の昴 1
  • 空を見上げて / 相田みつを・心の詩2
  • 私にとっての20世紀
  • 足と脚の悩みを解決!
  • 魯山人の世界
  • できそこないの男たち
  • 実例飲食店のすごい店長 / チームをつくる・お客をつくる・売上をつくる
  • 弁当屋さんのおもてなし / 夢に続くコロッケサンド
  • 北海道のむかし話