• Author栗原康
  • PublisherKADOKAWA
  • ISBN9784041061251
  • Publish Date2018年7月

何ものにも縛られないための政治学 / 権力の脱構成

カネにも、人間関係にも、国家にも、
縛られない。強制の理屈を破戒する。
あらゆる支配を打ち破れ!
『村に火をつけ、白痴になれ』で旋風を巻き起こしたアナキズム研究者が放つ、【無強制】の政治学!!
アナキズムとは、「支配されない状態」を目指すことだ。
“自由で民主主義的な社会”であるはずなのに、なぜ私たちはまったく自由を感じられないのか?
息苦しくなるほどに、束縛を感じてしまうのはなぜか?
 この不快な状況を打破する鍵がアナキズムだ。これは「支配されない状態」を目指す考えである。
【無強制の政治学】という視点から、過去の思想と実践をわかりやすく振り返りつつ、現代社会の支配のルールを破戒する!
カネに、人間関係に、社会に、国家に縛られない!! 社会契約をクーリングオフせよ。
ゼロ憲法を宣言せよ!
「神を突破せよ、この世界を罷免してやれ。さけべ、アナーキー!」
○一番たちが悪いのは、民主主義の名のもとに憲法制定権力をたちあげることだ。
○契約も交換も自明のことなんかじゃないんだ。
○なんどでも、権力の脱構成をやってやろう。etc.

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • おばあちゃんの精進ごはん
  • 小さな泊まれる出版社
  • Humankind希望の歴史 下 / 人類が善き未来をつくるための18章
  • Humankind希望の歴史 上 / 人類が善き未来をつくるための18章
  • ゆっくり、いそげ / カフェからはじめる人を手段化しない経済
  • 代表的日本人
  • お探し物は図書室まで
  • 人新世の「資本論」
  • WHYから始めよ! / インスパイア型リーダーはここが違う
  • 新・魔法のコンパス