• Author北村薫
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784167911348
  • Publish Date2018年9月

中野のお父さん

新迷探偵コンビ登場!?

文芸編集者の娘と高校国語教師の父が、出版社の「日常の謎」に挑む!



主人公は大手出版社「文宝出版」に勤める田川美希。女性誌から晴れて希望の文芸部門への配属がかなうと、大学時代までバスケットボール部で鍛えたバイタリティを活かし、仕事に燃える毎日だ。

ある日、文宝推理新人賞の最終候補を決める会議で、有力な候補作品「夢の風車」の担当となった美希は、その候補者へお知らせの電話をかけた。が、まさかの返事を聞くことになる。「――応募していませんよ、私は」、と。一昨年までは新人賞へ投稿していた候補者の男性だが、まったく芽が出ずに今回は応募をしていないというのだ。

何とかこの作品を世に送り出したいと願う美希は、さまざまな可能性を探るが、どこからこの原稿が届いたのかまるで見当がつかない。ふと、父親にことの顛末を話してみようと思ったのは、高校教師をしている父は最近、ずいぶんお腹は出てきたものの百科事典タイプの人間で、インターネットで分からなかった疑問を解決してくれたりもする。相談役として誠に便利な存在だからだ。娘の相談にお父さんが導き出した真実とは果たして?



大作家同士の手紙、スケッチを映した写真、落語の解釈、マラソン大会でのハプニングなど、中野の実家に住む父は抜群の知的推理で謎を次々に解き明かす。



「日常の謎」の名手が、自らのフィールドを最大限に楽しみつつ、新たに送り出したユーモアとけれん味たっぷりの名探偵シリーズ。



解説・佐藤夕子

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 3時のアッコちゃん
  • コンビニ人間
  • 女優
  • すかたん
  • 旅屋おかえり
  • 法医昆虫学捜査官
  • 果つる底なき
  • 別人の旅 / 私的休暇白書 連作推理小説
  • 架空の球を追う
  • 株式会社ネバーラ北関東支社