• Author平野啓一郎
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784163909028
  • Publish Date2018年9月

ある男

愛したはずの夫は、まったくの別人であった。

「マチネの終わりに」から2年。平野啓一郎の新たなる代表作!



弁護士の城戸は、かつての依頼者である里枝から、「ある男」についての奇妙な相談を受ける。

宮崎に住んでいる里枝には、2歳の次男を脳腫瘍で失って、夫と別れた過去があった。長男を引き取って14年ぶりに故郷に戻ったあと、「大祐」と再婚して、新しく生まれた女の子と4人で幸せな家庭を築いていた。ある日突然、「大祐」は、事故で命を落とす。悲しみにうちひしがれた一家に「大祐」が全くの別人だったという衝撃の事実がもたらされる……。

里枝が頼れるのは、弁護士の城戸だけだった。



人はなぜ人を愛するのか。幼少期に深い傷を背負っても、人は愛にたどりつけるのか。

「大祐」の人生を探るうちに、過去を変えて生きる男たちの姿が浮かびあがる。

人間存在の根源と、この世界の真実に触れる文学作品。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • そして、バトンは渡された
  • 飾らない。76歳、坂井より子の今をたのしむ生き方
  • 終電の神様
  • 君の隣に
  • あなたの人生、片づけます
  • 影裏
  • もと夫婦
  • すぐ死ぬんだから
  • わかりやすさの罠 / 池上流「知る力」の鍛え方
  • 姥うかれ