• Author永江朗
  • Publisher晶文社
  • ISBN9784794970558
  • Publish Date2018年9月

四苦八苦の哲学 / 生老病死を考える

人生は思いのままにならないことばかり。世の中は苦に満ちている。あーあ、いやんなっちゃった、どうしよう……こうした気持ちと、人はどう折り合いをつけていったらいいのだろう? プラトン、ハイデガーから、フーコー、ボーヴォワール、レヴィナス、バタイユまで、さまざまな哲学者たちのことばを補助線にしながら、仏教で言うところの「四苦八苦」について考える、哲学の自習帖。まず手始めは「生老病死」の四つの苦から。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 認知症世界の歩き方 / 認知症のある人の頭の中をのぞいてみたら?
  • 在宅で出会う「なんとなく変」への対応法 / この熱「様子見」で大丈夫?
  • 無とは何か
  • ケアの社会学 / 当事者主権の福祉社会へ
  • 食禅心と体をととのえる「ごはん」の食べ方
  • 室町は今日もハードボイルド / 日本中世のアナーキーな世界
  • マインドフルネス瞑想入門 / 1日10分で自分を浄化する方法
  • 仏教・キリスト教死に方・生き方
  • 禅の思想に学ぶ人間学
  • 「前向きに生きる」ことに疲れたら読む本