• Author川村元気
  • Publisher小学館
  • ISBN9784094060867
  • Publish Date2014年9月

世界から猫が消えたなら

ついに映画化決定!
郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。絶望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた。その男は自分が悪魔だと言い、奇妙な取引を持ちかけてくる。
「この世界からひとつ何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得ることができる」
僕は生きるために、消すことを決めた。電話、映画、時計……そして、猫。
僕の命と引き換えに、世界からモノが消えていく。僕と猫と陽気な悪魔の七日間が始まった。
二〇一三年本屋大賞ノミネートの感動作が、待望の文庫化、映画化!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • きりこについて
  • 老人と海 改版
  • サヨナライツカ
  • 自分を不幸にしない13の習慣
  • 大好きなことをやって生きよう! / 才能の見つけ方、育て方
  • 精神科医が教える平穏な「老い支度」
  • 天下一の軽口男
  • 上機嫌な自分でいるコツ
  • ソクラテスの弁明 / 関西弁訳
  • 眺めのいい部屋