• 著者安田峰俊
  • 出版社KADOKAWA
  • ISBN9784041025383
  • 発行2015年2月

境界の民 / 難民、遺民、抵抗者。国と国の境界線に立つ人々

なぜ女子大生は「無国籍者」となったのか。なぜ軍閥高官の孫は夜の街の住人となったのか。彼らから見た日本とは…。国民国家の「エラー」にされた「民」を追った、魂のルポルタージュ。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 芸能の不思議な力
  • こんなに変わった!小中高・教科書の新常識
  • ゼロの迎撃
  • 冬晴れの花嫁 / くらまし屋稼業
  • 夏の戻り船 / くらまし屋稼業
  • 秋暮の五人 / くらまし屋稼業
  • ソーシャルワーク実践事例集 / 社会福祉士をめざす人・相談援助に携わる人のために
  • 「普通がいい」という病
  • 笑福亭鶴瓶論
  • ひとりでは生きられないのも芸のうち