• Author柳本光晴
  • Publisher小学館
  • ISBN9784098602094
  • Publish Date2019年1月

響~小説家になる方法~ 11

響、高校生活最後の1年が始まる。
デビュー小説『お伽の庭』が、芥川賞と直木賞をW受賞するという快挙を成し遂げた鮎喰響。驚異的な現役JKの存在に世間は振り回されるが、響本人は変わらず平穏な日常を送っていた。
そんな中、全国高校文芸コンクールで文部科学大臣賞を受賞したことで、響は世間の注目を集めてしまう。しかし、響の奇策で執拗なマスコミ攻勢はひと段落。
そして高校生最後の年が始まった。
【編集担当からのおすすめ情報】
響もいよいよ高校3年生です! 芥川賞と直木賞をW受賞してから怒濤のように過ぎてきた毎日ですが、響はいたってマイペース。この巻では将来を意識した響の新しい一面が垣間見えます。どんなに天才でも未来は決まっていません。響は高校生活の残り1年をどう過ごすのか。ぜひご注目ください!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • サロメ
  • ロマンシエ
  • 総理の夫
  • 何もかも憂鬱な夜に
  • 海馬の尻尾
  • カフーを待ちわびて
  • クリーピースクリーチ
  • 翔ぶ少女
  • シロクマくつや
  • スヌーピーのゆうびんやさん / チャーリー・ブラウンとなかまたちが子どもたちのなやみにこたえる5通の手紙の本