• Author野村総合研究所デジタル基盤開発部 NRIセキュアテクノロジーズ
  • Publisher東洋経済新報社
  • ISBN9784492581148
  • Publish Date2019年3月

ITロードマップ 2019年版 / 情報通信技術は5年後こう変わる!

5G、情報銀行、量子コンピュータ、脅威インテリジェンス・・・・・・
人工知能(AI)の活動領域が拡大するなかで、ビジネス、働き方はどう変わるのか?
ITの近未来がこれ1冊でわかる!
「ITロードマップ」とは、特定のIT領域について、現在から5年程度先までの技術の進化を予想した年表形式の「マップ」である。各技術のロードマップには、予想の根拠となる研究開発、製品開発の動向、さらにはアーリーアダプターによる活用の状況、今後の課題などについての解説を加えている。
本書は、ITをビジネスに活用する企業の経営者やCIO、企画部門の方、実際にITの開発や運用に携わる方々に対して、今後のIT利活用のナビゲーションとなるべく、以下のような構成としている。
■第1章 「ITロードマップとは」
ITロードマップの概要を紹介するとともに前年版の簡単なサマリーを記している。
また、「今後5年の重要技術トレンド」を挙げている。
■第2章 「5年後の重要技術」
5年先までの間にビジネスや社会に広く普及し、さまざまな影響を及ぼすと考えられるITとして「エッジAI」「データサイエンス・プラットフォーム」「非金融分野のブロックチェーン活用」「5Gと次世代ワイヤレス技術」「ドローン」等の技術トレンドについて紹介している。また、「AI」「音声ユーザーインターフェース(VUI)」「付加製造(AM)」「量子コンピュータ」をコラムで取り上げている。
■第3章 「複合的なITの活用による新サービスの可能性」
単一技術ではなく、複数の技術の組み合わせによって実現している興味深いソリューションやサービスを解説している。「EX(Employee Experience: 従業員体験価値)」「情報銀行と信用スコア」を取り上げ、「スポーツテック」について、コラムで形式で詳述している。
■第4章 「デジタル時代のセキュリティ」
「デジタルビジネスにおけるセキュリティ新機軸」を展望、次に、GDPR(EU一般データ保護規制)の施行などによって対応を迫られている「プライバシーの保護とIDの本人確認」、サイバー攻撃が高度化する中で重要性が増している「脅威インテリジェンス」、IoTの普及に伴い対策が求められている「IoT×無線のセキュリティ」を解説している。また企業のセキュリティ対策の方向性を「ITシステムのマルチクラウド化」として論じ、「DevSecOps」の最新動向をコラム形式で紹介している。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 完訳7つの習慣 / 7人の直筆メモ
  • ビジネスマンの基礎知識としての損得計算入門 / 利益を最大化する意思決定のルール
  • 日経 WOMAN (ウーマン) 2021年 07月号
  • Postfix実用ガイド
  • Amazon Web Servicesパターン別構築・運用ガイド / 一番大切な知識と技術が身につく
  • 入門bash 第3版 / bash 2.05b & 3.0対応
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT / 人を育て、成果を最大にするマネジメント
  • マッキンゼー流入社1年目問題解決の教科書
  • FACTFULNESS / 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
  • 日経ビジネス2021.07.19・26 No.2100

Presented by