• Author金成奎
  • Publisherマイナビ出版
  • ISBN9784839966904
  • Publish Date2019年5月

ウェブデザインの思考法 / 機能性と情緒性で導く論理的なウェブデザインの方針立案・構築

デザイナー、ディレクター、デベロッパー、クライアントなどなど、ウェブ制作に関わるステークホルダー間でウェブデザインに関わる「共通言語」を持ち、より成果物の質を高めるためのガイドブック。
ウェブの発展につれて、ウェブデザインのワークフローは整備され、表現の幅も広がりました。しかし、そのウェブがそのデザインになった理由、良いウェブデザインの条件、ウェブデザインにおける「品質」や「理想」といった問題はまだまだ属人的で、感覚的に語られ決定されていることも少なくありません。
本書ではそういった現状を踏まえ、ウェブデザインを機能性と情緒性という2つの軸を中心に分析し、体系化することを試みています。
本書は5つの章で構成されています。1~4章はウェブデザインを体系化した理論の解説で、5章はその体系化された理論を実践し、実際にデザインコンセプトを策定する上での具体的な解説をしています。各章の内容を簡単に記します。
第1章 ウェブデザインの定義
 まずはウェブデザインやウェブデザイン周辺の用語を改めて定義・整理します。
第2章 デザインの機能性
 そもそもウェブをデザインするということはどういうことを行なっているのか。ここではウェブデザインの役割の一つ、7つの機能性について解説します。
第3章 デザインの情緒性
 機能的なだけではデザインとして不十分です。機能性と対になるウェブデザインのもう一つの役割である6つの情緒性について解説します。
第4章 デザイン要素の分類
 文字・色・形など、デザインが施される対象の要素を8つに分類して解説します。また、それぞれの要素の属性をどのように変化すると機能性・情緒性にどのように影響を与えるのかも合わせて記載します。
第5章 戦略・要件定義フェーズにおけるデザイン作業とデザインコンセプトの立案方法
 機能性・情緒性を使ってデザインコンセプトをどのように策定していくのか、架空のプロジェクトを想定しながら具体的に解説します。
デザイナーの方には、デザインの方針策定や成果物の言語化のためのツールとして、企業のディレクターやウェブ担当者の方には、ウェブデザインを正しくディレクションし評価する上での「手引き」として、ぜひ役立ててください。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 佐久間宣行のずるい仕事術 / 僕はこうして会社で消耗せずにやりたいことをやってきた
  • 情報アーキテクチャ 第4版 / 見つけやすく理解しやすい情報設計
  • 音楽好きな脳 新版 / 人はなぜ音楽に夢中になるのか
  • サービスデザインの教科書 / 共創するビジネスのつくりかた
  • プロダクトデザイン101のアイデア
  • オブジェクト指向UIデザイン / 使いやすいソフトウェアの原理
  • Webデザイン良質見本帳 第2版 / 目的別に探せて、すぐに使えるアイデア集
  • 現場のプロから学ぶCSSコーディングバイブル
  • 事例で学ぶBtoBマーケティングの戦略と実践
  • クリエイティブ・イノベーションの道具箱

Presented by