• Author綿矢りさ
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784101266534
  • Publish Date2019年4月

手のひらの京

京都に生まれ育った奥沢家の三姉妹。長女の綾香はのんびり屋だが、結婚に焦りを感じるお年頃。負けず嫌いの次女、羽依は、入社したばかりの会社で恋愛ざたといけず撃退に忙しい。そして大学院に通う三女の凜は、家族には内緒で新天地を夢見ていた。春の柔らかな空、祇園祭の宵、大文字焼きの経の声、紅葉の山々、夜の嵐山に降る雪。三姉妹の揺れる思いを、京の四季が包みこむ、愛おしい物語。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。
  • 箪笥のなか
  • 海辺のカフカ 上巻
  • サチコさんのドレス
  • 今宵も喫茶ドードーのキッチンで。
  • 掬えば手には
  • 蹴れ、彦五郎
  • 僕は君を忘れない / 五つの風の物語
  • 月まで三キロ
  • 妖精配給会社 改版