• 著者土橋章宏
  • 出版社角川春樹事務所
  • ISBN9784758439138
  • 発行2015年6月

幕末まらそん侍

黒船の来航により、風雲急を告げる幕末の世。安政二(一八五五)年、安中(群馬県)藩主・板倉勝明は、藩士の心身鍛錬を目的として安中城内より碓氷峠の熊野神社までの七里余り(約三十キロ)の中山道を走らせた。"安政の遠足"とも呼ばれた、日本のマラソンの発祥である。美しい姫をめぐりライバルとの対決に燃える男。どさくさ紛れに脱藩を企てる男。藩を揺るがす隠密男。民から賭の対象にされた男。余命を賭け遠足に挑む男。悲喜こもごもの事情を背負いながら、侍たちが走る走る。果たして勝者は?そして安中藩の未来は?人気の著者が放つ、涙と笑いの痛快スポーツ時代小説!!

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 優しい音楽 新装版
  • 夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とする50の物語
  • かすがい食堂
  • 一橋桐子(76)の犯罪日記
  • コーチ! / はげまし屋・立花ことりのクライアントファイル
  • 居酒屋ぼったくり おかわり!
  • 季節風 春
  • 食堂のおばちゃん
  • 恋するハンバーグ / 食堂のおばちゃん 2
  • かすがい食堂あしたの色