• Author松岡正剛
  • Publisher平凡社
  • ISBN9784582854404
  • Publish Date2008年11月

白川静 / 漢字の世界観

甲骨文、金文など漢字の始原を訪ね、「文字は神であった」という斬新な視点に基づき、『字統』『字訓』『字通』など多くの本を著した白川静。博覧強記の著者が“巨知”白川静に挑み、その見取り図を示した初の入門書。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 快楽としての読書 海外篇
  • あの家に暮らす四人の女
  • 快楽としての読書 日本篇
  • 家康、江戸を建てる
  • ウソ読みで引ける難読語辞典
  • 定年後 / 50歳からの生き方、終わり方
  • 笑福亭鶴瓶論
  • 細川ガラシャ夫人 上巻 改版
  • 二列目の人生隠れた異才たち
  • 子どもの本を読む