• Author新海誠
  • PublisherKADOKAWA
  • ISBN9784041026403
  • Publish Date2019年7月

小説天気の子

高校1年の夏、帆高(ほだか)は離島から家出し、東京にやってきた。連日降り続ける雨の中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は不思議な能力を持つ少女・陽菜(ひな)に出会う。「ねぇ、今から晴れるよ」。それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった――。天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語。長編アニメーション映画『天気の子』の、新海誠監督自身が執筆した原作小説。
(C)2019「天気の子」製作委員会

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • この気持ちもいつか忘れる
  • 世界で一番美しい元素図鑑
  • Re:ゼロから始める異世界生活 10
  • 停電の夜に
  • また、同じ夢を見ていた
  • 弱虫ペダル / 映画ノベライズ
  • るるぶ東京 ’20
  • 潮騒 改版
  • リュウジ式悪魔のレシピ / ひと口で人間をダメにするウマさ!
  • きみの瞳が問いかけている