• Author七月隆文
  • Publisher宝島社
  • ISBN9784800226105
  • Publish Date2014年8月

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

京都の美大に通うぼくが一目惚れした女の子。高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、交際にこぎつけた。気配り上手でさびしがりやな彼女には、ぼくが想像もできなかった大きな秘密が隠されていて-。「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」奇跡の運命で結ばれた二人を描く、甘くせつない恋愛小説。彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • ドラえもんふしぎのサイエンス Vol.1
  • 寺山修司名言集 / 身捨つるほどの祖国はありや
  • 出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと
  • 庵野秀明パラノ・エヴァンゲリオン
  • 京大変人講座 / 常識を飛び越えると、何かが見えてくる
  • 日本国紀
  • お茶の時間
  • 島はぼくらと
  • バック・ステージ
  • 臣女